就業管理・勤怠管理システムのクロノス株式会社 ロゴ就業管理・勤怠管理システムのクロノス株式会社 ロゴ

就業管理に、新しいパフォーマンスをプラス。クロノスパフォーマンス

就業管理システム クロノスPerformance 注目の新機能

導入して完了・・・じゃない。 実務で役立つクロノスPerformance

法改正や社会変化へに柔軟に対応。クロノスPerformanceは、導入後のアップデートも充実。
実務に役立つ機能をすばやくユーザーにお届けします。

計画有休を独立管理Rev. 1.80 以降で対応

有休と計画有休を明確に分離した帳票が作成可能になりました。(関連:労基法対応⑥

フレックス3ヶ月計算に対応Rev. 2.00(9月末リリース予定)以降で対応

起算月、清算期間を任意に設定可能。月ごと、清算期間ごとの超過時間のアラートも可能になりました。(関連:労基法対応⑧

専用アラートを充実Rev. 2.00(9月末リリース予定)以降で対応

有休、フレックス関連の専用計算変数を追加できるようになりました。(関連:労基法対応①⑥⑧

有休の比例付与

有休の比例付与が可能になります。(2019年12月リリース予定)

2019年 労基法改正対応

労基法改正への備えはクロノスPerformanceにおまかせ 詳細資料へ

法改正の概要

項目 概要 備考
①時間外労働の上限規制
  • 時間外労働の上限を原則月45時間、年360時間規制
  • 特別条項は年720時間、単月100時間未満(休日労働含む)、複数月平均80時間(休日労働含む)が限度
帳票出力、アラート集計が可能
※クロッシオンへ連携可能
②高度プロフェッショナル制度の創設 年収1,075万円以上の特定高度専門業務従事者に対する労働時間、休日、深夜の割増賃金等の規定を適用除外

年間104日の休日確保等、健康確保措置の実施が義務化

③長時間労働者の医師面接指導の見直し 長時間労働者の医師面接指導の時間外労働を月100時間から月80時間に引下げ
④労働時間の状況把握の実効性確保 現認や客観的な方法による労働時間の把握を義務化(管理監督者含むすべての労働者)
⑤月60時間超の時間外労働の割増率引上げ 月60時間を超える時間外労働に係る割増賃金率を50%以上に変更
⑥年次有給休暇の年5日取得義務 年10日以上の年休付与者は、毎年、時季を指定して年5日の取得を義務化
⑦勤務間インターバル(努力義務) 前日の終業時刻と翌日の始業時刻の間に一定時間の休息の確保が必要 帳票出力、タイムレコーダーへのアラートが可能
⑧フレックスタイム制の見直し フレックスタイム制の清算期間の上限が1ヶ月から3ヶ月に延長

ポイントアイコン労基法改正①~⑤はアラート機能におまかせ

アラート機能におまかせ イメージ

ポイントアイコン労基法改正⑦は勤務間インターバルにおまかせ

話題の勤務間インターバルにいち早く対応!
労基法改正⑦は勤務間インターバルにおまかせ イメージ

勤務間インターバル制度とは?

アラート一覧イメージ

従業員の心身の健康を確保するため、時間外労働を含む勤務終了時間から始業時までに、一定時間「インターバル」の休憩を保障する制度です。勤務間インターバルがすでに制度化されているEU加盟国では、「EU労働時間指令」において、1回の勤務を終えた後は、次の勤務開始までに最低11時間の休息を取らなくてはなりません。

残業抑止アラート

残業抑止アラートイメージ

従業員の不調を事前に察知

残業抑止アラート通知機能は、システム起動時にあらかじめ設定した労働時間基準値を超えた従業員がいる場合、アラートを表示して「気付き」を与える機能です。
基準値は1か月、複数月、年間と任意の期間を設定できます。
また、残業時間以外にも遅刻回数、有休の残数などの回数で制限を設けて、アラートを通知することも可能です。
本機能は、客観的事実をベースにアラートを表示することにより、過重労働により従業員に メンタルヘルスの異常が発生する前に、改善対応を検討いただく機能としてもご利用になれます。

残業抑止アラート

残業抑止アラートグラフ

残業抑止アラートグラフイメージ

設定されたアラートの条件(残業抑止アラートライン)を基準に勤怠の締め後6日間(初期値)の残業時間の実績から1か月間の残業時間を推測し、アラートラインを超える否かを判定をします。
判定の結果超えた場合、クロノスPerformance起動時に「予防アラート」として通知をします。その後、実際にアラートラインを超えた場合は、再度「結果アラート」として起動時に通知します。

アラート一覧

アラート一覧イメージ

アラート一覧では、集計時における実残業時間と予測される1か月の残業時間を一覧表示することができます。
「予測される時間の多い順」「アラートを超える従業員のみ」など、さまざまな条件を設定して表示することができます。

人数分析グラフ

アラート一覧イメージ

アラートの「分析」機能を使用することで、各部署の特定の月を指定した残業時間の比較や役職ごとの比率を求めることができ、「実績から働き方の傾向を分析」することができます。

X'sionとの連動

次世代の就業管理プラットフォーム、X'sion(クロッシオン)に完全連動

X'sionとの連動イメージ

メニューマップ

よく使う機能を一番目立つ場所に。「メニュー」がカスタマイズ可能になって、より使いやすくなります。

メニューマップイメージ

メモ機能

メイン画面にメモ機能を追加。起動者間のスムーズな情報共有をサポートします。

メモ機能イメージ