就業管理・勤怠管理システムのクロノス株式会社 ロゴ就業管理・勤怠管理システムのクロノス株式会社 ロゴ

よくあるご質問【クロノスPerformance・クロノス】

ご質問と回答

残業申請制なので打刻のみでの残業判定を控えたい

以下2通りの方法があります。

  1. 出勤2/退出2を有効にして申請出勤(退勤)を使用する場合
    [設定]-[時間項目の設定]の「基本項目」の出勤2、退出2の有効にチェックを入れます。
    [設定]-[時間項目の設定]の「詳細情報」で採用する出勤時刻を「出勤2、標準、出勤1の順」、採用する退出時刻を「退出2、標準、退出1の順」に設定します。
  2. 事由で残業を設定すれば残業時間がつくようにする場合
    [マスター登録]-[個人データの登録]の「勤務情報」の計算する時間項目の残業のチェックを外してください。
    [マスター登録]>[事由の登録]>新規で残業を作成>「詳細情報」の例外処理:個人データで残業計算しない設定の場合でも残業を計算にチェックを入れてください。