普段は、データの抜けをチェックするだけ。
メンバーの日々の動作をクロノスPerformanceが認識し、勤務シフトに基づいて適切に処理します。

エラーチェック “勤務エラーのみ表示”をチェックすれば、打刻漏れのデータのみを抽出できます。
日ごと/個人ごと 日ごと/個人ごとの表示も簡単に切り替えできます。
再計算 設定が変更になったらボタンひとつで再計算が行えます。
勤務表 勤務表もボタンひとつで簡単にプリントアウトできます。
届出入力 有休・欠勤・直行などの届出入力ができます。
申請残業対応 残業申請をしていなければ残業計算しないように設定できます。計算は退出打刻ではなく、承認された時間で行います。
レイアウト 勤務処理画面に見たい項目を自由にレイアウトできます。
手入力 手入力で「申請残業」「有休」等の申請番号、申請日登録も可能です。
週集計 週ごとの集計を行い、週40時間チェックも簡単にできます。
月集計処理 たとえば日々の残業は1分単位で計算して月の合計で30分単位で四捨五入にする、月160時間を超えた時間を普通残業とする、といった月集計処理が可能です。
弁当集計 テレタイムと連動して、注文した弁当の集計も可能。給与に天引きデータとして移行できます。
ウインドウを閉じる